2018年11月16日金曜日

Taylor & Francis Online 利用停止(11月17日 土曜日 7時00分-)のお知らせ

Taylor & Francis Online はメンテナンスのため、利用できなくなります。

【停止する機能】
・記事の検索や閲覧利用

利用者の皆様には、ご不便をおかけしますが、ご了承くださいますようお願いいたします。

利用停止時間: 2018年11月17日(土)7時00分-11月19日(月)7時00分 を予定

[参考]
Friday 16th November 22:00 GMT - Sunday 18th November 22:00 GMT: Payment facilities will be unavailable on Taylor & Francis Online during this period due to scheduled maintenance.
 https://www.tandfonline.com/

ナーシング・スキル日本版 定期メンテナンスのおしらせ(11月25日(日)午前0時 - 午前2時)

ナーシング・スキル日本版は,以下の日程にて定期メンテナンスを実施いたします。
作業時間中は閲覧ができなくなります。
利用者の皆様にはご不便をおかけしますが,ご了承ください。

11月25日(日) 午前 0時 ~ 午前 2時

2018年10月30日火曜日

「医書.jpオールアクセス」に収録誌が追加されました

日本の医学系出版社発行の和雑誌パッケージ「医書.jpオールアクセス」に,以下のタイトルが追加されました。
  • 皮膚病診療(協和企画)2013年~  
  • 別冊整形外科(南江堂)2000年~
  • 日本母子看護学会誌(日本母子看護学会)2007年~  
また,既に収載されている南江堂発行の以下の雑誌については,バックナンバーが追加収録されました。
  • 内科 2001年~
  • 外科 2001年~
  • 整形外科 2001年~
  • 胸部外科 2004年~
  • がん看護 1996年~ ※創刊号から閲覧可能
■アクセス先
医書.jpオールアクセス https://webview.isho.jp/journal

■学外からの利用方法
http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mc/er/remote_isho_jp.php

どうぞご利用ください。

2018年10月26日金曜日

【終了しました】OPAC、MyLibrary等一時停止のお知らせ (2018年10月26日(金)16:00- 5分程度)

図書館システムの緊急メンテナンスのため、OPAC、MyLibrary等のサービスが一時使用できなくなります。ご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

2018年10月26日(金) 16:00から5分程度

2018年10月24日水曜日

【解消しました】PubMed【東邦版】の「Link@東邦大学」から所蔵確認画面に遷移しない不具合について

10月25日10:00不具合が解消していることを確認いたしました。

==============

10月24日11:30現在,PubMed【東邦版】の検索結果に表示される「Link@東邦大学」アイコンをクリックしても,東邦大学の所蔵確認画面に遷移せず,サイテーションリンカー画面に遷移してしまう不具合が発生しています。
サービス元の不具合のようで,復旧までしばらくお待ちください。

復旧まで以下のご利用をお願いします。

I.電子ジャーナルの全文を見たい
• 検索結果画面に表示される出版社アイコンをクリックしてください。契約している論文の全文にアクセスできます。
• この際,Nature本誌,Nature Immunology, Nature Medicine 以外のNature姉妹誌は,アイコンをクリックするだけでメディアセンターに課金されます。抄録を読んで,必要な論文のみご利用ください。
II.文献コピーを取り寄せしたい
1.MyLibraryにログインします。
2. 画面左側「利用者サービス」内の「文献複写依頼」をクリックします。
3.【雑誌】を選び【次へ】
4.論文名,論文著者名, タイトル(雑誌名),巻号,ページをコピーペーストします。
5.最後に【申込】をクリックします。
「医中誌Web」「Web of Science」など他の文献データベースの検索結果には「Link@東邦大学」が表示されます。
Web of Scienceで,文献コピーを取り寄せしたい論文の論文名を検索し,その結果に表示される「Link@東邦大学」から申し込むことも可能です。

ご利用のみなさまにはご迷惑をおかけしますが,ご了承ください。

2018年10月19日金曜日

【終了しました】ナーシング・スキル日本版サーバーメンテナンスのおしらせ(10月28日(日) 0:00-2:00)

ナーシング・スキル日本版はサーバーメンテナンスのため,一時的にサイトへのアクセスができなくなります。
利用者の皆様にはご不便をおかけしますが,ご了承ください。

【日時】10月28日(日) 午前 0時 から 午前 2時

【解消しました】PubMedの検索結果に「Link@東邦大学」アイコンが表示されない不具合について

10月19日10時30分時点,解消を確認しました。

=============
10月19日8時45分現在,PubMed【東邦版】の検索結果に「Link@東邦大学」アイコンが表示されない不具合を確認しております。サービス元の不具合のようで,復旧までしばらくお待ちください。

復旧まで以下のご利用をお願いします。

I.電子ジャーナルの全文を見たい
  •  検索結果画面に表示される出版社アイコンをクリックしてください。契約している論文の全文にアクセスできます。
  •  この際,Nature本誌,Nature Immunology, Nature Medicine 以外のNature姉妹誌は,アイコンをクリックするだけでメディアセンターに課金されます。抄録を読んで,必要な論文のみご利用ください。
II.文献コピーを取り寄せしたい
  1. MyLibraryにログインします。
  2.  画面左側「利用者サービス」内の「文献複写依頼」をクリックします。
  3. 【雑誌】を選び【次へ】
  4. 論文名,論文著者名, タイトル(雑誌名),巻号,ページをコピーペーストします。
  5. 最後に【申込】をクリックします。
「医中誌Web」「Web of Science」など他の文献データベースの検索結果には「Link@東邦大学」が表示されます。
Web of Scienceで,文献コピーを取り寄せしたい論文の論文名を検索し,その結果に表示される「Link@東邦大学」から申し込むことも可能です。

ご利用のみなさまにはご迷惑をおかけしますが,ご了承ください。

2018年10月16日火曜日

【終了しました】ジャパンナレッジ一時利用停止(10月18日木曜日 19:30-20:30)のお知らせ

アクセス増大に対応するシステム強化実施のため、下記期間中全サービスが停止いたします。
ご不便をおかけしますが、ご了承くださいますようお願いいたします。

利用停止期間:2018年10月18日(木) 19:30~20:30 〔日本時間〕(*予定)

ジャパンナレッジ

2018年10月5日金曜日

【解消しました】ナーシング・スキル日本版 動画再生不具合のおしらせ

ナーシング・スキル日本版において,現在一時的に映像(動画)の再生ができず,エラーメッセージが表示されてしまう事象が発生しています。

【事象】
手技の映像,動画講義を視聴しようとすると再生ボタンが表示されない。
または,再生ボタンを押した後にエラーメッセ―ジが表示され再生が開始しない。

※本エラーが発生しない場合もあります。
※Internet Explorerでの再生に比べ,Google Chrome, Firefoxでの再生はエラー発生の可能性が低いことが報告されています。
※PC / スマートフォン / タブレット の端末の種類を問わず影響する可能性があります。

【2018/10/18追加情報】

サービス提供元のエルゼビア・ジャパン株式会社より,以下のお知らせがありました。

 「システムの設定を再度調整いたしました。
これにより今般の事象が解消したことが報告されています。

お手数ではございますが、次の手順で今一度ご使用の端末よりブラウザのキャッシュとインターネット一時ファイルの削除を実施いただき、ブラウザを再起動してから閲覧いただくようお願いいたします。」

【手順】
・ブラウザを開き、Ctrlキー + F5キー 押下

※実施後はブラウザ一度閉じてから,開きなおしてください。
※上記実施いただいてもなお,動画の再生にエラーが生じるようであれば,ナーシング・スキル日本版にログイン後,画面右上の「お知らせ」から「映像(動画)コンテンツ再生時エラー改善のご報告」をご覧ください。


2018年9月25日火曜日

「今日の診療WEB」リニューアルのお知らせ

「今日の治療指針2018年版」「今日の診断指針 第7版」「臨床検査データブック 2017-2018」や「治療薬マニュアル2018」など15タイトルを一度に検索,閲覧できる『今日の診療WEB』がリニューアルされます。画面デザインが一新され,新機能が追加されます。

■リニューアル予定日
10月9日(火)午前中に自動切り替え

■リニューアルポイント
  1.  画面の構成を大幅に見直し,目的の情報にすぐに到達できるようになります
  2.  『QuickDrugs』を新設し,薬剤情報の概要を手早く確認することができます
  3. 逐語検索機能を追加し,検索語入力中に候補語が表示されます 
  4. 「薬効分類別概要表」の表示を刷新し,類似薬の使い分けの際,便利な内容です
  5. 「関連項目」機能を新設し,今見ている項目と関連する項目を,すぐに参照することができます
■アクセス先
 今日の診療WEB https://top.islib.jp/bcs/li/
学内のみ利用可で,学外からはアクセスできません。

■収録タイトル
・「今日の治療指針2018年版」
・「今日の治療指針2017年版」
・「今日の診断指針 第7版」
・「今日の整形外科治療指針 第7版」
・「今日の小児治療指針 第16版」
・「今日の救急治療指針 第2版」
・「臨床検査データブック 2017-2018」
・「治療薬マニュアル2018」 
・「今日の皮膚疾患治療指針 第4版」
・「今日の精神疾患治療指針 第2版」
・「新臨床内科学 第9版」
・「内科診断学 第3版」
・「急性中毒診療レジデントマニュアル 第2版」
・「ジェネラリストのための内科診断リファレンス」
・「医学書院医学大辞典 第2版」

2018年9月21日金曜日

【終了しました】ナーシング・スキル日本版 機能更新と定期メンテナンスに伴うサービス停止のおしらせ(9/29(土)~30(日))

以下の日程にて,機能更新ならびに定期メンテナンスが行われます。
作業時間中は閲覧ができなくなります。
ご利用者の皆様にはご不便をおかけし申し訳ありませんが,ご了承ください。

■実施時間
9月29日(土) 午前10時 ~ 午後 2時
9月30日(日) 午前  0時 ~ 午前 2時

2018年9月20日木曜日

【終了しました】RefWorksシステムメンテナンスのおしらせ(9/22(土)22:00~9/23(日)10:00)

システムメンテナンスの為,下記の予定でRefWorksをご利用いただけなくなります。
メンテナンス実施中は,RefWorksとRefWorks付属ツールにはアクセスできませんのでご注意ください。
ご利用者の皆様にはご不便をおかけし申し訳ございません。

■実施時間
2018年9月22日(土) 22:00~2018年9月23日(日) 10:00

■対象製品
・RefWorks
・付属ツール Write-N-Cite
・付属ツール Write-N-Cite for Google Docs(RefWorks Google Docs)
・付属ツール RefWorks Citation Manager

2018年9月12日水曜日

【復旧しました】PubMedの検索結果に「Link@東邦大学」アイコンが表示されない不具合について

現在,PubMed【東邦版】の検索結果に「Link@東邦大学」アイコンが表示されない不具合を確認しております。サービス元の不具合のようで,復旧までしばらくお待ちください。

復旧まで以下のご利用をお願いします。

I.電子ジャーナルの全文を見たい
  •  検索結果画面に表示される出版社アイコンをクリックしてください。契約している論文の全文にアクセスできます。
  •  この際,Nature本誌,Nature Immunology, Nature Medicine 以外のNature姉妹誌は,アイコンをクリックするだけでメディアセンターに課金されます。抄録を読んで,必要な論文のみご利用ください。
II.文献コピーを取り寄せしたい
  1. MyLibraryにログインします。
  2.  画面左側「利用者サービス」内の「文献複写依頼」をクリックします。
  3. 【雑誌】を選び【次へ】
  4. 論文名,論文著者名, タイトル(雑誌名),巻号,ページをコピーペーストします。
  5. 最後に【申込】をクリックします。
「医中誌Web」「Web of Science」など他の文献データベースの検索結果には「Link@東邦大学」が表示されます。
Web of Scienceで,文献コピーを取り寄せしたい論文の論文名を検索し,その結果に表示される「Link@東邦大学」から申し込むことも可能です。

ご利用のみなさまにはご迷惑をおかけしますが,ご了承ください。



2018年9月7日金曜日

Wiley Online Libraryの利用画面が一部アップデートされました

Wiley Online Libraryの利用画面が一部アップデートされました。
このアップデートにより,本学で利用契約をしている雑誌論文の画面には
「Full Access」と表示され,
本学で利用契約をしていない場合には,「Token Access」と表示されるようになりました。




Token Access論文の場合には,抄録等をよくご確認の上
ご利用になりたい場合は,画面右側の【Confirm】ボタンをクリックして本文(HTML, PDF)を閲覧してください。

【注意】
Elsevier社,Nature社の提供するPay Per Viewと同じような扱いになります
 ので,費用はメディアセンター予算でまかないます。
   抄録を読んでから,必要な論文をご利用ください。
必ずPDFファイルを保存して,同じ文献を何度もダウンロードしないよう
   ご注意ください。
・データベースや特定のレファレンスブック,一部の雑誌などは本サービスの対象外となっております。
 対象外資料についてはこちらでご確認ください。
http://olabout.wiley.com/WileyCDA/Section/id-406814.html

無料で提供されている電子ジャーナルもありますが,当センターで提供している電子ジャーナルは契約に基づいて使用が許可されると同時に,著作権法により保護されています。論文検索のためのデータベースも同様です。以下の利用資格・禁止事項等をご確認の上,ご利用下さい。不適切な利用が行われた場合,全学的にサービスの利用が停止されますのでご注意ください。

  • 利用資格:本学の構成員である学生および教職員
  • 利用目的:学習・研究を目的とする利用に限る
  • 禁止事項
    • 電子ジャーナル/電子ブックおよび論文検索結果の,大量ダウンロード
    • 電子ジャーナル/電子ブックおよび論文検索結果の,無断再配布。(ほか複製、翻訳、改変、販売 など)

      • 電子的方法による第三者への転送
      • 論文への無断転載
      • 検索結果を加工し、データベース化する など
[参考]

2018年8月13日月曜日

Cochrane Libraryリニューアルのお知らせ

2018年8月7日にCochrane Libraryが大幅に刷新され、利用環境の改善と機能強化が行われました。

  • 文献ページのデザインを改善
    コクランレビュー、CENTRALなどの文献が読みやすくなりました。

  • Cochrane Clinical AnswersをCochrane Libraryに統合
    コクランレビューのエビデンスを臨床現場ですばやく利用できます。

  • すべての収録コンテンツを横断的に検索
    コクランレビューとプロトコル、CENTRAL、Editorials、Special Collections、Cochrane Clinical Answers、さらにEpistemonikosに収録されたシステマティック・レビューの文献情報も横断的に検索できます。

  • 検索結果の表示を改善
    検索結果をさまざまな条件で絞り込める「ファセット検索」に対応しました。

  • 日本語抄録つきのコクランレビューを簡単に発見
    検索結果のファセットからLanguageで絞り込むことができます。

  • コンテンツ間のリンクを強化
    CENTRALに収載された臨床試験報告の文献情報から、その文献情報を使用したコクランレビューにリンクしています。

  • サイトナビゲーションを改善
    コンテンツ間の移動が容易になりました。

  • システム変更に伴い以下の3つのデータベースはCochrane Libraryでの提供が終了しました。
    Database of Reviews of Effects (DARE)
    NHS Economics Evaluation Database (EED)
    Health Technology Assessments (HTA)

その他、Advanced SearchやMedical terms(MeSH)検索機能について改善が図られたり、読者コメントをコクランレビュー等に簡単に投稿、閲覧可能になるなどの改善が図れています。

コクランライブラリー、オンライン医学情報の新基盤として世界中で医療の意思決定を支援(PDF)
Cochrane library: an improved online platform to guide health decision-making across the world

Cochrane Library
Cochrane Libraryの使い方

2018年8月8日水曜日

【終了しました】RefWorks,PsycINFOシステムメンテナンスのおしらせ(8/19(日)11:00~19:00)

システムメンテナンスの為,下記の予定でProQuestの一部製品がご利用いただけなくなります。
ご利用者の皆様にはご不便をおかけし申し訳ございません。

■対象製品
・RefWorks
・RefWorks付属ツール 
   Write-N-Cite,Write-N-Cite for Google Docs(RefWorks Google Docs)
   RefWorks Citation Manager
・PsycINFO

■実施日時
 2018年8月19日(日)11:00~19:00

2018年7月30日月曜日

【解消しました】ナーシング・スキル日本版へのアクセス不具合(2018年7月30日)について

ナーシング・スキル日本版へのアクセスに障害が発生しています。

提供元のエルゼビア・ジャパン株式会社において,
原因の特定と対応を続けておりますが、ご利用の皆様への影響を低減するため、
午後から一時的に手技検索と手技一覧を以前の表示に戻します。
その際、例外的な表示(エラーメッセージや一部レイアウト)となったり、
手技をカテゴリーや分野などで検索できなくなる可能性があるとのことです。

利用者の皆様にはご迷惑をおかけしますが,復旧までお待ちください。

2018年7月27日金曜日

【終了しました】ナーシング・スキル日本版 機能更新による利用一時停止のおしらせ(7/28(土)10:00-18:00,7/29(日)0:00~2:00)

ナーシング・スキル日本版は,下記の日程にて機能更新を実施いたします。

7月28日(土)10:00 ~18:00
7月29日(日)午前0:00~午前2:00

作業時間中は閲覧ができなくなります。
ご迷惑をおかけいたしますが,予めご了承ください。

【終了しました】J-stage一時利用停止(2018年7月28日(土)7時-21時)のお知らせ

J-STAGEは,メンテナンスのため一時的に利用できなくなります。
ご不便をおかけしますが,ご了承くださいますようお願いいたします。

利用停止期間:2018年7月28日(土)7時~21時

・J-STAGE システムメンテナンス情報
https://www.jstage.jst.go.jp/static/pages/News/TAB1/Current/Page1/-char/ja

・東邦大学メディアセンター 電子ジャーナル&電子ブック リストはこちら
http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mc/er/index.php#tab_01

2018年7月25日水曜日

電子ジャーナルの適切な利用について

東邦大学メディアセンターで提供している電子ジャーナルは,契約に基づいてその使用が許可されています。
しかし,提供元に不適切と見なされる行為が続きますと,その個人だけでなく大学全体の利用停止措置がとられる場合があります。
意図的でなくとも機械的には不正利用(大量ダウンロード)と判断されることもありますので,ご利用の際は以下の点を注意の上,適切な利用をお願いいたします。

◆ 大量ダウンロードをしないでください
  •  論文全文を保存,印刷等しなくても,画面上に表示させただけで1ダウンロードとなります。まずは抄録で必要な論文かを確認してください。
  •  同一雑誌の1号分を表示・ダウンロード,別の日に続きの1号分を表示・ダウンロードするなどの行為も,大量ダウンロードとみなされます。
  • 同一雑誌の論文を,短時間に,大量に,表示・ダウンロードしないでください。
  • 自動ダウンロード機能を使って利用しないでください。
  • 表示・ダウンロードのクリックは一回のみとし(シングルクリック),容量の大きなファイルの場合はダウンロード完了までそのままお待ちください。
  • Microsoft Edgeでメディカルオンラインを利用する際,「ページ先読み機能」が大量ダウンロードを引き起こす可能性があります。先読み機能は以下の設定により無効にすることが可能です。
「Microsoft Edgeでメディカルオンラインを利用している方へ」
 
◆ 個人の学習・研究目的で利用してください
  • 個人の学習・研究以外の目的で利用することは禁止されています。

◆ 第三者への再配布はできません
  • 利用は本学の構成員である学生および教職員のみ認められています。
  • 第三者への印刷物の配布,電子ファイルでの送信は禁止されています。

いつでもどこからでもアクセスできる便利さがある反面,1冊を丸々読めないなど,印刷版と同じようには使えない不便さもあります。
適切な使い方を知ったうえで,ご活用ください。


【お問い合わせ】医学メディアセンター 電子情報部門(平輪,黛)
TEL:03-3762-4151(内線:2477)

【復旧しました】Astronomy & Astrophysics へのアクセス不具合について

2018年7月26日8時50分現在復旧を確認しました。
ご不便をおかけしました。

------------------------------
Astronomy & Astrophysics(習志野キャンパスのみ利用可能)へのアクセスが7月24日からできない状況を確認しています。

提供元において,調査と対応を続けているとのことです。

利用者の皆様にはご迷惑をおかけしますが,復旧までお待ちください。

2018年7月12日木曜日

【終了しました】RefWorks メンテナンス実施のお知らせ(2018/7/14,15)

システムメンテナンスの為,下記の予定でRefWorksをご利用いただけなくなります。
メンテナンス実施中は,ご利用のバージョンに関わらずRefWorksとRefWorks付属ツールにはアクセスできませんのでご注意ください。
 
ご利用者の皆様にはご不便をおかけし申し訳ございません。



■実施時間
1回目:2018年07月14日(土) 午前11時~午後3時(4時間)
2回目:2018年07月15日(日) 午前8時~正午(4時間)
※今回のメンテナンスは2回に分けて実施されます。

■対象製品
・RefWorks
・付属ツール Write-N-Cite
・付属ツール Write-N-Cite for Google Docs(RefWorks Google Docs)
・付属ツール RefWorks Citation Manager

2018年6月28日木曜日

【終了しました】RefWorks メンテナンス実施のお知らせ(2018/7/1実施予定)

システムメンテナンスの為、下記の予定でRefWorksをご利用いただけなくなります。
メンテナンス実施中は、ご利用のバージョンに関わらずRefWorksとRefWorks付属ツールにはアクセスできませんのでご注意ください。
メンテナンス終了後には、すべてのレコードを引き続きご利用いただけます。

ご利用者の皆様にはご不便をおかけし申し訳ございません。

------
■実施時間
2018年07月01日(日) 午前8時~午前10時(2時間/日本時間)

■対象製品
・RefWorks(現行のRefWorks、新RefWorks 両方とも対象です。)
・付属ツール Write-N-Cite
・付属ツール Write-N-Cite for Google Docs(RefWorks Google Docs)
・付属ツール RefWorks Citation Manager
------

最新版インパクトファクター2018公表のお知らせ

 6月26日(米国時間)に、最新版(2017年)のJournal Citation Reports (JCR) が公表されました。
今回のリリースでは、80か国から11,655誌が収録されています。
新たにインパクトファクターを付与された雑誌が276誌ありました。
また,平均でIF値が10%上昇したとのことです。
(最もIF値が上昇した分野はEngineering, Petroleum)

*新たにインパクトファクターが付与された日本のジャーナルは以下の6誌です。

ACTA PHYTOTAX GEOBOT ACTA PHYTOTAXONOMICA ET GEOBOTANICA Japan 0.353
BIOPSYCHOSOC MED BIOPSYCHOSOCIAL MEDICINE 1.000
CURR HERPETOL CURRENT HERPETOLOGY 0.524
J FIBER SCI TECHNOL JOURNAL OF FIBER SCIENCE AND TECHNOLOGY 0.605
PLANKTON BENTHOS RES PLANKTON & BENTHOS RESEARCH 0.545
PROG EARTH PLANET SC PROGRESS IN EARTH AND PLANETARY SCIENCE 2.481

*医学分野でトップ10に入ったOpen Access誌*

ジャーナル名 (カテゴリ内順位:カテゴリ名)
PLOS MEDICNE (9位:MEDICINE, GENERAL & INTERNAL)
BMS Medicne      (8位: MEDICINE, GENERAL & INTERNAL)
EMBO Molecular Medicine  (7位:MEDICINE, RESEARCH & EXPERIMENTAL)
Theranostics  (8位:MEDICINE, RESEARCH & EXPERIMENTAL)

JCR 2018では以下のような点が変更になったとのことです。
  • ジャーナル・プロファイルの新設計と強化:ジャーナルの影響力を高めている、論文コンテンツ、地域、機関についての理解を深めます


  • JIFと新指標の論文レベルの透明性:JIFの計算根拠の検証と理解を深めます。また、ジャーナルの引用パフォーマンスに対して、寄与するコンテンツタイプを特定し、それに最も影響を与えるジャーナルや論文を参照できます
  • 引用ネットワークの拡大: 新たに、JCRのジャーナルへの引用元として、Book Citation Indexが含まれました。
  • 新しいコンテキスト:ジャーナルに寄与している国、地域と機関のリストを加え、出版物のグローバルコミュニティや、ジャーナルを表現する「誰が、何を、どこで」の答えを明らかにします。

[参照: Clarivate Analytics Releases Enhanced 2018 Journal Citation Reports Highlighting the World’s Most Influential Journals]

The 2018 JCR is here! ]

また,「数誌のジャーナルでJIFに影響を及ぼす例外的な引用動向を認識しました」として
編集に関する懸念声明を発表しています。

各論文がジャーナルインパクトファクターにどのような影響を与えたか?」を把握できるようになりました。【学内からのみアクセス可能】(資料提供:クラリベイトアナリティクス)

inCites Journal Citation Repors(Impact Factor/学術雑誌評価ツール)(JCR)へアクセス 
Journal Citation Reports(JCR)の使い方

2018年6月20日水曜日

【終了しました】医中誌Web,最新看護索引Web システムメンテナンスのお知らせ(6月24日(日) 0:00-5:00)

医中誌Webと最新看護索引Webは,以下の日時においてシステムメンテナンスを実施します。

【日時】
2018年6月24日(日)  午前0:00~午前5:00

メンテナンス作業中も各サービスはご利用頂けますが,数分間の停止が数回発生する場合があります。
利用者の皆様にはご不便をおかけしますが,ご了承ください。

2018年6月8日金曜日

Lippincott Williams & Wilkins(LWW)ジャーナル閲覧専用アプリ「OvidToday」のご紹介

「OvidToday」は、Circulation、Spine、Retina、Neurology等、東邦大学で購読しているLippincott Williams & Wilkins(LWW)のジャーナルにいつでも、どこからでもアクセスできる、閲覧専用アプリです。iOSおよびAndroid搭載の端末に対応しています。

1.特徴
1) いつでも、どこでも、利用可能
職場はもちろん、ご自宅でも、出張などの移動中でも、アプリからのリモート認証でジャーナルへのアクセスが可能です。
・閲覧範囲は最新6か月分です。
・初期設定は学内からのアクセスが必要です。
・学内ネットワークに接続することで認証され、認証後90日間は学外で利用可能です。

2) オフラインでも閲覧可能
論文をMy Reading Listに登録しておけば、オフライン環境でも記事が閲覧できます。専門分野の論文をはじめ、気になる論文はすべてMy Reading Listへ登録しておくことをお勧めします。

3) アプリならではのスピード感
携帯端末の「電源を入れて」、OvidTodayアプリの「アイコンをタップ」する ― このわずかな動作だけで、すぐにジャーナルの閲覧を開始できます。

2.初期設定方法
※学内ネットワークに接続の上設定をお願いします。

1) ご利用の携帯端末にアプリをダウンロードします
下のQRコードをスキャンするか「OvidToday」で検索してダウンロードしてください。











2) アプリを起動します

・「Let's Get Started」をタップします。


・「Create a Personal Account」をタップします。



・マイアカウントを作成します。
 以下の項目を入力してください。
  ● ファーストネーム
  ● ラストネーム
  ● 任意のメールアドレス(ハイフン不可)
    メールアドレスはパスワード再発行時に使用します
  ● 任意のID(半角英数字のみ、スペース不可)
  ● 任意のパスワード(6~8文字、A~Z、a~z、0~9のみ、スペース・記号不可)
  ● 職業種別(選択)
  ● 所属機関・施設名称
  ● 所属機関・施設種別
 I agree to the Terms of Use にチェックを入れ、 「Submit」 をタップします。


・ジャーナルを選択します。
東邦大学で購読しているOvidジャーナルを選択することができます。
表紙の左側の□をタップして選択します。
選択が完了したら「Go to your OvidToday」をタップします。


以上で初期設定は完了です。
インストール方法や操作方法等、詳しくは以下のURLをご参照ください。

・OvidToday
 https://info.lww.com/jp-OvidToday.html

・OvidToday初期設定マニュアル(PDF)
 http://access.ovid.com/training/ja/ejournals/docs/QuickGuide_OvidToday_Setup_Manual_JPN.pdf

2018年5月31日木曜日

【終了しました】学外からのデータベース・電子ジャーナル等利用の一時停止について (2018年6月6日(水)13:00- 予定)

                                                    2018年5月31日
各位

                              東邦大学メディアセンター
学外からのデータベース・電子ジャーナル等利用の一時停止について

機器のメンテナンスのため,下記の通りシボレス認証(学外からでも,東邦大学が契約している電子リソースを利用することができる仕組み)システムの一部を停止します。
ご利用のみなさまにはご迷惑をおかけしますが,どうぞよろしくお願いいたします。
なお,学内から使用する場合,及びシボレス認証によるログインを必要としないサービスを利用する場合については通常通り使用することが可能です。 
また,停止期間中は「My Library」サービスの認証画面が一時的に変更になります。
サービスを利用するためのIDおよびパスワードは通常と同じものです
(Webメールを利用する際のIDとパスワード)。

     記

・停止日時:2018年6月6日(水)13:00~15:00 予定
・停止するサービス:シボレス認証システムを使用した電子ジャーナル等データベースへのログイン
【サービス停止中に大学内外からログインできないデータベース】
・ナーシング・スキル日本版 

【サービス停止中に大学外からログインできないデータベース】
・医中誌Web  
・ジャパンナレッジLib 
・CINAHL / MLA International Bibliography 
・The Cochrane Library(※Wileyと同一プラットフォーム) 
・Journal Citation Reports(JCR) 
・Reaxys 
・Web of Science 

【サービス停止中に大学外からログインできない電子ジャーナル・電子ブック】
・医書.jp オールアクセス 
・南江堂オンラインJournal(PierOnline) 
・Cambridge Journals 
・IOP(Institute of Physics) Science Journals 
・Journal@Ovid(Lippincott Williams & Wilkins Jounrals)
・Karger Journals 
・Maruzen eBook Library 
・メディカルオンライン
・Nature Publishing Group OnlineJournals 
・RSC(Royal Society of Chemistry) Journals 
・Science Direct 
・SpringerLink 
・Wiley Online Library  
 
【サービス停止中に大学外からログインできない文献管理ツール】
・EndNote Basic 
・Refworks 

関連ページ:学外から電子リソースを使う http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mc/er/index.php#tab_03

【MyLibraryのログインについて】
・サービスの認証画面が一時的に変更になります。
 サービスを利用するためのIDおよびパスワードは通常と同じものです
(Webメールを利用する際のIDとパスワード)。

 MyLibraryログイン画面一時変更のお知らせ (2018年6月6日(水)13:00-)
 https://tohoej.blogspot.com/2018/05/mylibrary-2018661300.html


      以上


           【お問い合わせ】医学メディアセンター 電子情報部門(平輪,黛)
                     TEL:03-3762-4151(内線:2477)
                   習志野メディアセンター 電子情報部門(眞喜志)
                     TEL:047-472-1408(内線:5209)
                   Mail(両センター共通):mc-drs@mm.toho-u.ac.jp

2018年5月30日水曜日

SciFinder セキュリティ強化に関するお知らせ ~ TLS 1.0 無効化のご案内(2018年6月22日-)

製品の提供元である CAS は,運営する Web サイトにおける情報の安全を確保
するため,2018 年 6 月 22 日よりすべてのウェブコンテンツにおいて 
「TLS 1.0」 による暗号化通信を無効化する予定です.

新しいバージョンのブラウザをご利用の場合は問題ございませんが,一部の古い
OS やウェブブラウザをご利用の場合,CAS 製品のウェブサイトにアクセスでき
ない場合がございます.

その際は,TLS 1.1 以上の通信に対応するブラウザにバージョンアップする,
もしくは TLS 1.1 以上での通信を有効にしていただきますようお願いいたします.
対応するブラウザおよび設定方法は,下記 URL をご覧ください.

https://www.jaici.or.jp/news/news.php?selectedId=1901 

[参考]
SciFinder
SciFinderとは(東邦大学メディアセンター作成)

Visible Body Human Anatomy Atlasがアップデートしました

3D人体模型のVisible Body Human Anatomy Atlasがアップデートしました。
最新版のHuman Anatomy Atlas 2018 には新機能の拡張現実が搭載されています。
iPhone または iPadで Visible Body Human Anatomy Atlasのアプリを利用すれば、新機能の解剖ツールを使ってあらゆる場所で解剖の疑似体験ができます。

Visible Body's app support augmented reality

新機能の詳細につきましては以下のPDFをご覧ください。
Visible Body Human Anatomy Atlas with Augmented Reality
http://site.ovid.com/site/pdf/ja/VisibleBody_AR.pdf

その他の変更・改良点は以下の通りです。
・解剖ラボ機能の追加:うつ伏せ・仰向け状態の3Dモデルが新規で追加されました。
・歯科解剖学モデルなど、新たなモデルやより詳細な組織が追加されました。
・断面モデルや微小解剖学モデル(内耳や眼球など)のコンテンツがより豊富になりました。
・操作性の向上

※最新版のアプリをご利用の際は、旧バージョンをアンインストールの上ご利用ください。
※iOS バージョン11以上、iPhone 6s、iPhone SE、iPad Pro、またはiPad(第5世代以降)に対応しています。
※アプリの起動がうまくいかない場合は、iOSを最新版にアップデートしてからご利用ください。

インストール方法等、 Visible Body Human Anatomy Atlasについて詳しくは以下のURLをご覧ください。

Visible Body: Human Anatomy Atlas
http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mc/er/info_vb.php

2018年5月29日火曜日

【終了しました】MyLibraryログイン画面一時変更のお知らせ (2018年6月6日(水)13:00-)

MyLibraryのログイン画面について、認証の切り替えテストのため、
2018年6月6日(水)13:00~15:00において、
一時的に以下の画面へと切り替えを行います。

以下の画面が表示されましたら、「利用者ID(または登録名)」に現在入力しているユーザー名を、「パスワード」には現在入力しているパスワードを入力の上、ご利用ください。(※Webメールを利用する際のIDとパスワード)

皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。


2018年5月18日金曜日

【終了しました】MyLibraryログイン画面一時変更のお知らせ(2018年5月23日(水)13:00~16:00)

MyLibraryのログイン画面について、認証の切り替えテストのため、2018年5月23日(水)13:00~16:00において、一時的に以下の画面へと切り替えを行います。
以下の画面が表示されましたら、「利用者ID(または登録名)」に現在入力しているユーザー名を、「パスワード」には現在入力しているパスワードを入力の上、ご利用ください。
皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いします。


2018年5月17日木曜日

【解消しました】Wiley社電子ジャーナルへの学外からのアクセス不具合について

Wiley社の電子ジャーナルが,学外から利用できない状況です。
出版社側の認証システムでエラーが発生しているとのことです。
学内からの利用は可能です。
利用者のみなさまにはご迷惑をおかけしますが,復旧までお待ちください。

*2018/05/18 システム修正が行われ,不具合は解消されました。

2018年5月16日水曜日

RefWorksの新しいプライバシーポリシーと利用規約の承認について

5月25日(金)に「EU一般データ保護規則(General Data Protection Regulation,GDPR)」が施行されます。GDPRは個人情報保護の法律になります。
それに伴い、旧RefWorks、新RefWorksの違いにかかわらず、RefWorksをご利用の皆様には新しいプライバシーポリシーと利用規約の承認が求められます。
下の画像のような承認画面が出ましたら、「Yes, I consent」をクリックの上、ご承認をお願いいたします。





2018年5月14日月曜日

【解消しました】Wolters Kluwer(Ovid)への学外からのアクセス不具合について

Wolters Kluwer(Ovid)の電子ジャーナルが,学外から利用できない状況です。
現在,提供元で調整中とのことです。
学内からの利用は可能です。

利用者の皆様にはご迷惑をおかけしますが,復旧までお待ちください。

2018年5月2日水曜日

【解消しました】RefWorks文字化け発生のお知らせ

2018年5月3日に作成元より障害解消の連絡がありました。
ご不便をおかけしました。

-------------------------


5月2日13時現在、RefWorksにログインすると、日本語の文献情報や一部メニューに文字化けが発生しています。
現在、提供元に確認中です。
利用者の皆様にはご不便をお掛けして申し訳ございませんが、復旧までお待ちください。

2018年4月27日金曜日

BioMed Central(BMC)のサポーター会員継続のおしらせ

2015年度より,BioMed Central(BMC)で論文を発表する際の論文出版料が15%割引になるサポーター会員になっています。2018年度も継続利用できます。
東邦所属の著者が,学内(IPアドレスの範囲内)から投稿する場合は,自動的にメンバーシップ会員と認識され,15%割引が適用されます。
投稿には,学内LANに接続されたPCをお使いください。
SpringerOpenのタイトルも対象です。

学内からの投稿方法
  1.  投稿先のジャーナルを選びます。以下の雑誌リストをご覧ください。
  2. 「Submit a manuscript」をクリックします。
  3. 画面に従って必要事項を入力すると投稿が完了します。
・BMC雑誌リスト: http://www.biomedcentral.com/journals 
・SpringerOpen雑誌リスト: http://www.springeropen.com/journals


BioMed Central: https://www.biomedcentral.com/
BioMed Central in Japan: http://gateways.biomedcentral.com/japan/

[参考]
BioMedCentral(BMC)のサポーター会員になりました
オープンアクセスAPC割引情報

2018年4月10日火曜日

SciFinder を1年半以上利用しなかった場合,アカウントが一時的に凍結されます【!重要!】

SciFinderの利用について、化学情報協会より以下のようなお知らせとお願いがありました。
2016年9月より,1年半以上ご利用がないアカウントは,
不正利用防止のための対策の一つとして一時的に利用凍結されます.
利用者のみなさまは,ご注意ください。

アカウント凍結後に SciFinder の再利用を希望される場合は,新規にアカウントを取得するのではなく,カスタマーグループ担当者にご連絡ください.CAS にアカウントの再有効化を依頼いたします.
ヘルプデスク連絡先  http://www.jaici.or.jp/helpdesk/

以下,化学情報協会からのお知らせを転載します。
--------------------------------------------------------------------------
現在,SciFinder ユーザー ID の不正利用防止のための対策の一つとして,長期間ご利用のなかった ID を削除 (利用凍結) するという措置をほぼ四半期毎に行っております.
(この措置についての詳細は,2013 年 7 月 2 日にご案内致しております.)

2016 年 9 月実行分より,長期未使用の判断基準が 24 ヶ月 (二年間) から
18 ヶ 月 (一年半) に変更となりますのでご連絡申し上げます.

削除対象となったユーザーの方宛に CAS から事前に確認のメールが配信される点は,
従来から変更はございません.ユーザーの方が引き続き SciFinder の利用を希望
される場合,指定された期日までに CAS から配信されるメール中のリンクをクリックすることで削除対象から除外されます.
========================================================================== 
メールの題名:【ご確認ください!】SciFinder のアカウントについて
配信元:SciFinder 
==========================================================================

[関連するお知らせ]
・SciFinderのご利用について【化学情報協会よりお知らせ】

2018年4月6日金曜日

「magazineplus」が全学で利用可能になりました

「magazineplus」は一般誌から専門誌、大学紀要、海外誌紙まで収録した日本最大規模の雑誌・論文情報(見出し)データベースです。国立国会図書館(NDL)の「雑誌記事索引」を収録するほか、「雑誌記事索引」ではカバーしきれない学会年報・論文集や一般誌、地方誌などを多数収録しています。

これまでは看護学部のみでのご利用でしたが、2018年4月より全学で利用できるようになりました。



【アクセス】

・magazineplus:http://web.nichigai.co.jp/nga_presen/entrance.do?userName=TUM&mngConfId=TUM&page=initializeMagazine.do

※同時アクセス数:3。

※学内からのみアクセスが可能です。

2018年4月5日木曜日

医中誌Webがスマートフォン対応インターフェースの提供を始めます(2018年4月9日(月)予定)

4月9日(月)に、医中誌Webのスマートフォン対応インターフェースの提供が始まります。

PC版同様、ブラウザでログイン画面URLよりアクセスいただけます。
(専用アプリをインストールする必要はありません。)

なお、スマートフォン対応インターフェースはユーザーの端末の種類で見分けてスマートフォン版を表示します。
現状でスマートフォン版として判断されるのはAndroid、iPhone、iPodです。
(iPad、iPad mini、Amazon Silk、Chromebookなどをご利用の場合はPC版が表示されます。)

●認証について
認証方法につきましてはIP認証でご利用の場合
本学ネットワーク経由でアクセスした場合、自動で認証されます。
学外からもシボレス認証を経由することでご利用いただけます。
[参照]医中誌Webの学外からの利用について

●主な画面説明

・検索TOP画面
 ログイン直後の検索TOP画面です。検索入力欄より検索が可能です。また画面右上にはハンバーガーメニューより他画面に移動出来ます(赤枠の箇所)。

             ▲検索TOP画面

▲メニューの中身

・検索結果画面
 検索後の検索結果画面です。検索結果の絞込みや履歴検索も行えます。
              ▲検索結果画面

             ▲絞り込み検索画面

▲履歴検索画面

※現時点でのスマートフォン対応インターフェースとPC版との主な差異は以下の通りとのことです。

<スマートフォンでは実装されない機能>
・フィルター表示(検索結果のタブでの切り替え)
・印刷・ダウンロード
・検索式の編集
・収載誌参照・所属機関参照
など

<リリース時には未実装、追って実装される機能>
・シソーラスブラウザ
・書誌確認画面
・クリップボード内での保存件数を示すバッジの表示
など

※より詳細な機能の差については 「スマートフォン版インターフェース PC版との違いなど」をご参照ください。

スマートフォンでは実装されない検索結果のダウンロードや検索式の編集などの機能をご利用になりたい場合は、ページの最下部の「PC版サイトはこちら」ボタンをクリックしてPC版サイトをご利用ください。(その際、スマートフォン版で検索した内容は引き継がれません)

●推奨環境
iPhone: iOS + Safari (最新版)
Android: Android + Chrome (最新版)

進学にともなう SciFinderの登録情報変更のお願い

大学院への進学等によって,本学発行のアカウントメールアドレスが変更となった方(※)は、SciFinder の登録メールアドレスの変更が必要となります。
なお、SciFinderのアカウントは以前と同様のもので引き続きご利用いただけます。

※2018年3月まで学部生で、2018年4月以降は大学院生となった方などが対象です

SciFinder 登録メールアドレス変更の手順

1. メディアセンターHPからSciFinder にログイン



2. SciFinder 画面右上の「Preferences」をクリック

3.「Change password or account information」をクリック

4. myCasのProfile Details部分E-mailの右側にある「Edit」をクリックし,
  E-mail Addressの記載を新規メールアドレスに変更
「Save」ボタンをクリックして終了
 ※変更はすぐには反映されません。(2日程度かかります)

[参考]
SciFinder よくあるご質問(化学情報協会サイト)


2018年4月4日水曜日

Karger社オープンアクセス誌のAPC割引のおしらせ

Karger社が刊行するオープンアクセス誌に投稿する際,Article Processing
Charge(APC)が割引となります。
詳しくは以下の学内専用ページをご覧ください。
http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mmc/ft-pw/Karger.php

医書.jp オールアクセス(和雑誌72誌のパッケージ)が学外からも利用できます

医書.jp オールアクセスは,日本の医学系専門出版社が協同で運営する医書配信サイト医書.jp上で,雑誌の論文全文を利用できる電子ジャーナルパッケージです。
医学書院,南江堂,金原出版,医薬ジャーナル社,学研メディカル秀潤社,日本メディカルセンターなどの計72誌を収録しています。
このたび,学外からの利用が可能になりましたのでお知らせいたします。

学外からの利用方法は,以下のページをご覧ください。
http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mc/er/remote_isho_jp.php

■収録雑誌(2018年4月現在)
医書.jp オールアクセス https://webview.isho.jp/journal
利用可能範囲は雑誌によって異なり,論文に「閲覧可」と表示されているものが対象です。

【医学書院】1990年~
・公衆衛生   
・medicina
・胃と腸  1966年~
・呼吸器ジャーナル
・循環器ジャーナル
・精神医学
・臨床外科
・臨床整形外科
・臨床婦人科産科
・臨床眼科
・耳鼻咽喉科・頭頸部外科
・臨床皮膚科
・臨床泌尿器科
・総合診療
・Cancer Board Square
・糖尿病診療マスター
・BRAIN and NERVE
・生体の科学
・脳神経外科
・病院
・臨床検査
・検査と技術
・総合リハビリテーション
・理学療法ジャーナル
・看護教育
・保健師ジャーナル
・助産雑誌
・看護研究
・看護管理
・訪問看護と介護
・精神看護

【メディカル・サイエンス・インターナショナル】
・LiSA-Life Support and Anesthesia 2007年~
・INTENSIVIST 2009年~
・HOSPITALIST 2013年~

【三輪書店】
・作業療法ジャーナル 2013年~
・脊椎脊髄ジャーナル 2015年~
・地域リハビリテーション 2015年~

【医薬ジャーナル社】2013年~
・医薬ジャーナル
・化学療法の領域
・血液フロンティア
・CLINICAL CALCIUM
・アレルギー・免疫

【学研メディカル秀潤社】2013年~
・画像診断
・Clinical Engineering

【金原出版】2016年~
・手術
・産婦人科の実際
・臨床放射線
・整形・災害外科
・皮膚科の臨床
・眼科
・小児科

【南江堂】2016年~
・内科
・外科
・整形外科
・胸部外科
・がん看護
*この5誌と別冊整形外科,最新の治療シリーズのバックナンバー(2015年4月~2018年3月)は,南江堂のサイトで利用できます。
 http://www.pieronline.jp/content/publisher/104

【日本メディカルセンター】2013年~
・臨床消化器内科
・臨床透析
・INTESTINE
・腎と骨代謝

【学会誌】
・日本内視鏡外科学会雑誌 
・言語聴覚研究
・リハビリテーション医学
・作業療法
・日本糖尿病教育・看護学会
・日本看護科学学会
・日本腎不全看護学会
・日本看護倫理学会
・日本看護診断学会
・日本がん看護学会誌
・日本災害看護学会誌
・日本看護医療学会雑誌
・老年看護学


2018年4月2日月曜日

IOP Journal Archive (1874-2007) が利用可能になりました

Institute of Physics 電子ジャーナルアーカイブを購入し、より便利にご利用いただけるようになりました。

【IOP Journals Archiveの概要】

IOP Journal Archive 1874-2007はInstitute of Physics (IOP)のジャーナルを2007年から創刊号まで遡って収録するオンライン・アーカイブで、最も古い号としては、Proceedings of the Physical Society of Londonの1874年初号まで遡ります。
メディアセンターホームページからご利用いただけます。

【IOP Journals Archive に含まれる電子ジャーナル】 
 
Chinese Physics Letters1984-2007
Chinese Physics2000-2007
-Acta Physica Sinica (Overseas Edition)1992-1999
Classical and Quantum Gravity1984-2007
Distributed Systems Engineering1994-1999
EPL (Europhysics Letters)1986-2007
European Journal of Physics1980-2007
Fluid Dynamics Research1986-2007
Inverse Problems1985-2007
Japanese Journal of Applied Physics1962-2007
Journal of High Energy Physics1997-2007
Journal of Micromechanics and Microengineering1991-2007
Journal of Neural Engineering2004-2007
Journal of Optics A: Pure and Applied Optics1999-2007
-Pure and Applied Optics: Journal of the European Optical Society Part A1992-1998
-Journal of Optics1977-1998
-Nouvelle Revue d'Optique1973-1976
-Nouvelle Revue d'Optique Appliquée1970-1972
Journal of Optics B: Quantum and Semiclassical Optics1999-2007
-Quantum Optics: Journal of the European Optical Society Part B1989-1994
-Quantum and Semiclassical Optics: Journal of the European Optical Society Part B1995-1998
Journal of Physics A: Mathematical and Theoreticalnot included*
-Journal of Physics A: Mathematical and General1975-2007
-Journal of Physics A: Mathematical, Nuclear and General1973-1974
-Journal of Physics A: Proceedings of the Physical Society: General Physics1968-1972
Journal of Physics B: Atomic, Molecular and Optical Physics1988-2007
-Journal of Physics B: Atomic and Molecular Physics1970-1987
-Journal of Physics B: Proceedings of the Physical Society: Atomic and Molecular Physics1968-1969
Journal of Physics: Condensed Matter1989-2007
-Journal of Physics F: Metal Physics1971-1988
-Journal of Physics C: Solid State Physics1970-1988
-Journal of Physics C: Proceedings of the Physical Society: Solid State Physics1968-1969
Journal of Physics D: Applied Physics1968-2007
-British Journal of Applied Physics1950-1967
Journal of Physics G: Nuclear and Particle Physics1989-2007
-Journal of Physics G: Nuclear Physics1975-1988
Journal of Physics: Conference Series2004-2007
Journal of Radiological Protection1988-2007
-Journal of the Society for Radiological Protection1981-1987
Journal of Statistical Mechanics: Theory and Experiment2004-2007
Measurement Science and Technology1990-2007
-Journal of Physics E: Scientific Instruments1968-1989
-Journal of Scientific Instruments1923-1967
Metrologia1965-2007
Modelling and Simulation in Materials Science and Engineering1992-2007
Nanotechnology1990-2007
Nonlinearity1988-2007
Nuclear Fusion1960-2007
Physica Scripta1970-2007
Physical Biology2004-2007
Physics Education1966-2007
Physics in Medicine and Biology1956-2007
-Physics in Technology1973-1988
-Review of Physics in Technology1970-1972
Physiological Measurement1993-2007
-Clinical Physics and Physiological Measurement1980-1992
Plasma Physics and Controlled Fusion1984-2007
-Plasma Physics1967-1983
-Journal of Nuclear Energy. Part C, Plasma Physics, Accelerators, Thermonuclear Research1959-1966
Plasma Science and Technology1999-2007
Plasma Sources Science and Technology1992-2007
-Proceedings of the Physical Society1958-1967
-Proceedings of the Physical Society. Section A1949-1957
-Proceedings of the Physical Society. Section B1949-1957
-Proceedings of the Physical Society1926-1948
-Proceedings of the Physical Society of London1874-1925
Reports on Progress in Physics1934-2007
Chinese Journal of Astronomy and Astrophysics2001-2007
Science and Technology of Advanced Materials (OA)2000-2007
Semiconductor Science and Technology1986-2007
Smart Materials and Structures1992-2007
Superconductor Science and Technology1988-2007
Transactions of the Optical Society1899-1932
*from 2007 volume

【利用方法】
アクセス先
http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mc/er/index.php#tab_01

  • 学内ネットワークに繋がったPCよりご利用頂けます。

  • 【学外から利用する場合】 
  • シボレス認証を活用する事で、学外からもご利用頂けます。詳しくは以下のURLをご参照ください。