2016年9月21日水曜日

電子ジャーナル・電子ブックのナビゲートが新しくなります!(10月3日)

10月3日(月)より、「PubMed【東邦版】」や「医中誌Web」等,文献検索データベースの検索結果に表示される「Link@東邦大学」アイコンをクリックすると,本文へのアクセスが可能な場合はダイレクトに本文ページにアクセスできるようになります。

PubMed【東邦版】の検索結果例


検索結果にある「Link@東邦大学」アイコンをクリックします。

1.文献本文が見られる場合

契約雑誌や無料公開論文などは,左側に論文本文が表示され,右側にナビゲーションが表示されます。


2.文献本文が見られない場合

「文献取り寄せ」から文献を取り寄せることができます。

1)学内に所蔵がある場合
学内に印刷版資料の所蔵がある場合,取り寄せ方法で「PDF」をご選択いただければ,PDFファイルを無料でお届けいたします。取り寄せ方法で「紙」をご選択いただくと,紙にプリントした文献をお渡しいたします(有料)。

2)学内に所蔵がない場合
学外からの取り寄せになります。紙でのお渡しになり実費がかかります。


3.PPV(Pay Per View)論文の場合

Nature Publishing GroupおよびElsevier社のPPV対象誌については,利用するごとに1,750円が課金されます。 対象誌の場合,PPVの確認画面が出ますので事前に抄録をご確認の上,必要な論文のみご利用ください。メディアセンターで印刷版を所蔵している場合は,「1)学内に所蔵がある場合」をご参照の上,「文献取り寄せ」をご利用ください。

 

お問い合わせ先

医学メディアセンター 電子情報部門 内線:2477
習志野メディアセンター 電子情報部門 内線:5209

医中誌Web/最新看護索引Webシステムメンテナンスのお知らせ(9月24日(土)午前0:00-)

医中誌Web/最新看護索引Webのシステムメンテナンスが実施されます。

2016年9月24日(土) 午前0:00~午前5:00

メンテナンス作業中もサービスをご利用頂けますが,数分間のサービス停止が数回発生する可能性があります。
ご迷惑をおかけしますが,ご了承くださいますようお願いいたします。

2016年9月1日木曜日

文献管理支援ツール利用アンケート ご協力のお願い

 メディアセンターでは,文献管理支援ツールとしてRefWorksを提供しておりますが,近年,この種類のツールが増え,利用も多様化してきていることを認識しております。そこでこの度,メディアセンターの今後のサービス方針を検討するため,学内での文献管理支援ツールの利用実態を調査することといたしました。

 アンケートはWeb調査形式にて,実施いたします。以下から回答をお願いします。
  http://www.mnc.toho-u.ac.jp/mmc/reference_manager.php



【対 者】 東邦大学 全教職員・大学院生
【期   間】 201691日(木)から930日(金)まで
【回答時間】 約1分 

ご協力くださいますようお願いいたします。

2016年8月25日木曜日

【解消しました】医中誌WebのShibboleth認証 障害のおしらせ(2016年8月25日現在)

2016年8月25日(水)14時30分現在,医中誌WebのShibboleth認証に不具合が発生しております。そのため,学外からShibboleth認証を通しての医中誌Webのご利用ができなくなっております。

学内LANに接続したPCからの利用は,通常通り利用できます。

ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが,学内LANに接続したPCからご利用をお願いいたします。

今後の状況について新しい情報が入り次第報告いたします。

→ 19:10 不具合が解消されました。

2016年8月24日水曜日

9月よりSciFinder を1年半以上利用しなかった場合,アカウントが一時的に凍結されます【!重要!】

SciFinderの利用について、化学情報協会より以下のようなお知らせとお願いがありました。
2016年9月より,1年半以上ご利用がないアカウントは,
不正利用防止のための対策の一つとして一時的に利用凍結されます.
利用者のみなさまは,ご注意ください。

アカウント凍結後に SciFinder の再利用を希望される場合は,新規にアカウントを取得するのではなく,カスタマーグループ担当者にご連絡ください.CAS にアカウントの再有効化を依頼いたします.
ヘルプデスク連絡先  http://www.jaici.or.jp/helpdesk/

以下,化学情報協会からのお知らせを転載します。
--------------------------------------------------------------------------
現在,SciFinder ユーザー ID の不正利用防止のための対策の一つとして,長期間ご利用のなかった ID を削除 (利用凍結) するという措置をほぼ四半期毎に行っております.
(この措置についての詳細は,2013 年 7 月 2 日にご案内致しております.)

2016 年 9 月実行分より,長期未使用の判断基準が 24 ヶ月 (二年間) から
18 ヶ 月 (一年半) に変更となりますのでご連絡申し上げます.

削除対象となったユーザーの方宛に CAS から事前に確認のメールが配信される点は,
従来から変更はございません.ユーザーの方が引き続き SciFinder の利用を希望
される場合,指定された期日までに CAS から配信されるメール中のリンクをクリックすることで削除対象から除外されます.
========================================================================== 
メールの題名:【ご確認ください!】SciFinder のアカウントについて
配信元:SciFinder 
==========================================================================

[関連するお知らせ]
・SciFinderのご利用について【化学情報協会よりお知らせ】

2016年8月23日火曜日

【終了しました】shibboleth認証サービスメンテナンス(8月24日(水)午前4:30-)のお知らせ

shibboleth認証サービスは、メンテナンス作業のため一時的に利用ができなくなる場合があります。
利用者の皆様には、ご不便をおかけしますが、ご了承くださいますようお願いいたします。

利用停止時間:
2016年8月24日(水)午前4:30-5:00の間に1,2分

停止による影響:MyOPAC、電子ジャーナルやデータベースの学外からの利用、shibboleth認証を利用しているサービスにログインすることができません。

2016年8月16日火曜日

RefWorks改良版への移行について(ご注意ください)

文献管理支援ツールRefWorksについて,改良版であるnew RefWorksへの移行が
2017年に予定されています。

しかしすでに,RefWorks利用時に移行を促す画面が表示されることがあります。
現在ユーザ画面で移行手続きをしてもこれまで利用できていた機能が使えなくなる,
Shibboleth認証されなくなることがありますので,個人で手続きをされないように
お願いいたします。

移行作業自体は,ProQuest社が機関一括で行いますが,移行作業が完了しましたら
お知らせいたします。

new RefWorksについて(英文サイト)
http://support.proquest.com/apex/homepage?id=kA140000000GxPKCA0&l=en_US#flow

Refworks
Refworks ユーザーガイド